メンズ永久脱毛方法の種類比較!脱毛方法毎の違いについて徹底解説

「メンズ永久脱毛をしようと思うけど、どういう脱毛の種類があるんだろう?」

「脱毛方法ごとに、どういう違いがあるのかな?」

 

こういった疑問をお持ちの方向けの記事です。

この記事では、

  • メンズ永久脱毛の種類
  • 脱毛方法ごとの違い
について、メンズの永久脱毛をすべて試してきた私が紹介します。

永久脱毛の方法はそれぞれに特徴があり、初めて永久脱毛をする方は自分にとってどの脱毛法が良いか分からないという事も多いんじゃないでしょうか。

「永久脱毛の種類に悩んでいる」というメンズの方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

永久脱毛方法は大きく分けて3種類


結論から言いますと、永久脱毛は下記の3種類です。

  • 光(フラッシュ)脱毛
  • 医療レーザー脱毛
  • ニードル脱毛
脱毛方法ごとに、費用やかかる期間・痛みの度合いなど異なる部分も多いです。

それぞれの脱毛方法についてきちんと理解し、自分に一番合う脱毛方法を選ぶことが大事と言えるでしょう。

それでは、脱毛方法ごとに下記3点にスポットを当てて詳しく説明していきます。

  • 痛み
  • 通院回数(期間)
  • 費用

光(フラッシュ)脱毛について

痛み 通院回数 費用
痛くない 多い 比較的安い

光脱毛は、「フラッシュ脱毛」または「美容ライト脱毛」とも呼ばれます。

多くのメンズサロンで扱われている脱毛法で、仕組みとしては医療レーザー脱毛に似ています。

フラッシュのような光を肌に当てることで、毛根にあるメラニンに効果を発揮し、何度も光を当てることで、ムダ毛をゆっくりと減らしていく方法です。

 

光脱毛は全然痛くない

最大の特徴は、なんと言っても痛くないことです。

レーザー脱毛やニードル脱毛と違いほとんど痛みを感じない為、痛みに弱い方はオススメの脱毛法です。

私も実際に光脱毛をしていましたが、出力レベルをあげてもほとんど痛みがありませんでした。

 

脱毛効果は低め

他の脱毛方法に比べると脱毛効果が低い為、脱毛が終わるまでに時間が掛かります。

光脱毛は、レーザー脱毛と同じように毛周期に合わせて脱毛を行う為、脱毛をすぐに終わらせるというのが不可能だからです。

「できるだけ早く脱毛を終わらせたい」という方は、「思ったより毛が減らない…。」という事もあり得るので、注意が必要です。

 

価格は安めだが回数を重ねる必要がある

コースなどの価格は、比較的安く設定されています。

その為、「脱毛を安く済ませたい」という方には向いていると言えるでしょう。

ただし、医療レーザー脱毛の2倍ほど回数を重ねないといけないという事も少なくないので、コースを選ぶ際には注意が必要です。

「コースを終えても脱毛が終わらず再度脱毛を契約した」という事にならないよう、自分の毛の濃さに合わせて通い放題のプランなどを検討することが大事です。

カウンセリングで丁寧にアドバイスをもらえるので、自分の理想とする毛量が何回脱毛をすることで実現できるかしっかり確認しましょう。

 

医療レーザー脱毛について

痛み 通院回数 費用
痛い 普通 普通

メンズの永久脱毛では、一番人気の脱毛方法です。

仕組みは光脱毛とほとんど同じで、メラニンに反応するレーザーを照射することで、毛母細胞を破壊し毛を脱毛する施術方法です。

医療レーザー脱毛は医療行為に該当するため、医師がいる美容皮膚科やクリニックでしか施術することができません。

そのため医師が在籍しており、肌トラブルが起きた時にすぐに診療し対応してくれる安心感があります。

 

痛みは結構強め

毛が濃ければ濃いほど痛みが強くなる為、脱毛初期の毛が濃い時期や、ヒゲ・VIOなどの毛が濃い部分は痛みが強くなります。

逆に毛が薄い部分は痛みが弱く、繰り返し脱毛していく事で徐々に痛みがマシになっていきます。

痛みについて不安な方は、必要に応じて麻酔を処方してくれるので、麻酔を処方することをオススメします。

 

広い範囲に脱毛効果がある

医療レーザー脱毛は、1回の照射で広い範囲に脱毛効果があります。

また、光脱毛より効果が高いので、少ない回数で脱毛を終わらせることができます。

そのため、「全体的に薄くする」という要望に最も向いている脱毛法と言えるでしょう。

私はヒゲをレーザー脱毛でなくしましたが、5回程度レーザー脱毛を行えばかなり薄くなり青ひげも目立たなくなりました。

 

期間は早く終わらせられる

1年程通えば、ほとんどの部位はかなり薄くなります。

その為、メンズに人気のヒゲ脱毛は1年程通って満足する方が多いです。

脱毛効果が高いので想定通りの回数で終えられることも多く、迷ったらオススメの脱毛方法と言えるでしょう。

レーザー脱毛を行っているクリニックも多いので、コースや部位ごとの専用プランも豊富です。

ヒゲ脱毛では通い放題のプランを展開しているクリニックも多く、結果的に安く済ませられるでしょう。

 

ニードル脱毛について

痛み 通院回数 費用
かなり痛い 普通 毛が多い場合は高い

ニードル脱毛は、電流を流す針を1つ1つの毛穴に調節差し込むことで毛乳頭を破壊し、脱毛する脱毛法です。

他の脱毛方法との大きな違いとして、1本1本の毛に対して施術を行う為、日焼けしている方でも施術が可能になります。

また、「部分的に伸ばしたい」「ちょっとだけ残った毛だけ脱毛したい」と言った要望に応じて、自分好みのデザインに仕上げることができます。

 

痛さが一番のデメリット


ニードル脱毛は、脱毛方法の中でも一番痛いです。

熱く刺すような痛みが脱毛する毛の本数分続くので、「痛みに耐えきれず通院を辞めてしまった」という声を聞く事も少なくありません。

ただし、脱毛効果が一番高い脱毛法なので「痛くても確実に綺麗に終わらせたい」という方にオススメの脱毛方法と言えるでしょう。

可能であれば、脱毛体験コースなどを利用して自分にとって問題ない痛みかどうか試してみることをオススメします。

 

施術時間が長い

毛1本1本に対して施術を行う為、多くの本数を脱毛する場合施術時間が長くなります。

例えば、ヒゲをツルツルにしようと思うと、1回の施術で1時間以上施術にかかると考えられます。

空き時間や仕事帰りに通院を考えている方は、注意が必要です。

 

価格は本数によって変わる

100円/本などの価格設定になっている為、脱毛本数によって価格が変わります

毛が濃い部分を脱毛する際は、自分の毛の濃さと理想の毛量を伝えてどれくらいの費用がかかるかカウンセリングしましょう。

脱毛してみると、自分が思っている以上に毛が多く費用が掛かることもあるので注意が必要です。

私も部分的にニードル脱毛を経験したことがありますが、肌表面に見えている以上に毛が多く思った以上に費用が掛かった経験があります。

  • 毛が少ない人
  • レーザー脱毛で少しだけ残った毛の脱毛
  • ほくろに生えている毛の脱毛
などにオススメの脱毛方法と言えるでしょう。

 

脱毛方法ごとのメリット・デメリットまとめ

今回の内容を表にまとめましたので、下記表をご覧ください。

脱毛方法 メリット デメリット
光脱毛 ・痛みがほとんどない

・比較的費用が安価

・効果が薄い

・施術回数が必要

医療レーザー脱毛 ・効果が高い

・施術回数が少ない

・肌トラブルにすぐに対応可能

・痛みが強い

・費用が高い

ニードル脱毛 ・確実に永久脱毛できる

・デザイン脱毛ができる

・日焼けしていても脱毛可能

・痛みが強い

・施術に時間がかかる

・費用が高い

それぞれにメリット・デメリットがあります。

  • とにかく安く済ませたい
  • 高くても良いから早く終わらせたい
  • 時間がかかっても良いから痛くないのが良い
など、まずは自分が一番重視する点を考えてみると良いと思います。

その上で、自分が気になるサロンやクリニックを見つけましょう。

無料カウンセリング、脱毛お試しコースを行っているお店がほとんどなので、まずは気になるお店に行ってみることをオススメします!

「思ったより痛くなかった」、「思ったよりお金がかかりそう…。」など分からなかったことが数時間で分かるので、持っている疑問もきっと解決することでしょう。

脱毛は長期戦です、早ければ早いほどその先の人生が自分にとって良いものとなるはずなので、早めに始めることをオススメしますよ!

メンズのひげ永久脱毛にゴリラクリニックがおすすめな5つの理由 安いメンズ脱毛なら湘南美容クリニック!おすすめする理由を解説! メンズリゼの脱毛はどんな人におすすめ?他店舗との比較・特徴まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です